単に肌を治すのではない。患者様をハッピーにするためにあらゆる治療を提供する。
単に肌を治すのではない。患者様をハッピーにするためにあらゆる治療を提供する。

Introduce

全国でも有数の症例数を誇る、関西に展開する美容皮膚科。
患者様にとって良いと考えられるものは何でも取り入れる方針で、豊富なメニューを揃えています。
トキコクリニックがここまで成長してきた理由、その思いを伺いました。

これまでのご経歴や開業経緯について教えてください。

はじめは神戸大学の医局で4年半、皮膚科医として診療しておりました。
当時は診断をつけることがメインで、皮膚科として治療できる幅が狭く、治療のアイテムも少ない時代でしたので、なんとかできないものかとフラストレーションがたまり、医局を飛び出しました。
ただ、医局からの人事でないと勤め先がなかった時代ですから、喧嘩別れをしてしまった私を雇ってくれるところもありませんでした。
昔は10年くらい務めてから開業するのが通例だったのですが、当時はいきあたりばったりの人生で、高い志や、ビジネスモデルがあったわけでもなく、「空いているクリニックがあるからやってみないか」と知人に誘われ開業したのが始まりです。
大阪の茶屋町での開業だったのですが、そのような考えで開業していましたから患者様も最初はあまり来ませんでしたが、少ないながらも来院頂く患者様に対して、一生懸命丁寧に診察していくうちにだんだんと増えていきました。
症状としてはニキビや肌荒れの患者様が多かったのですが、保険診療の範囲では直すことが難しいケースもあって、ケミカルピーリングなどを取り入れたり、肌に負担の少ない化粧品が当時は少なかったので、自分で作るなどの試行錯誤を重ねました。
当時はそもそも美容皮膚科というジャンルがなく、独学で新しい治療を取り入れていったのですが、低用量ピルも当時は認可されておらず、海外の文献でニキビなどへの効果を知り、輸入して患者様におすすめしたこともありました。
患者様に必要なことや、もっと効くものはないかと模索していく中で、ホルモン療法や栄養療法のことも勉強して、中医学の先生に習って漢方も使いこなせるようになった頃、ちょうど日本がヒアルロン酸などの注入治療やレーザー機器が使われつつあったのですが、もっと幅広く美容治療に携わりたいと思い、2004年に現在の心斎橋院に引っ越しました。

開業されてから心がけていることはありますか。

院長院長

患者様をハッピーにすることが我々の目標です。その患者様がハッピーになれるなら希望の治療はしますが、言われたままに施術しても良くない方向に向かうのではないかと判断した時は、やめた方がいい旨の説得をします。
逆にその患者様が望んでいなくとも、ハッピーになるために必要だと判断すればお勧めすることもあります。
思った通りの治療結果が出ないこともあるのですが、最後まで逃げずに向き合ってやっていきたいと思っています。
また、セミナーなどでクリニックに来た先生からは道具が良いとよく言われます。
機械だけでなくピンセットやカニューレ、糸なども、できるだけ高いクオリティの良いものを揃えているので、他の美容クリニックでご勤務されたことのある先生から、こんなに高いものを使っているのかと驚かれることもありますね。
長くやっているからこそ患者様からの信用が一番大事だと思っていますし、ここだったら安心だと思われる状態をずっと続けていきたいです。

クリニックの強みについて教えて頂けますか。

手術が必要なもの以外であれば、全てを解決できる体制をとっていることですね。皮膚だけでなく体調の悩みであっても、その人の悩みが解決できるようにしています。
また、医師の好みは患者様にもあると思います。実際に私を患者様の皆様が好きだとは限りませんし、この先生の考え方や治療方針が好き、あの先生だと話しやすいなど、好みの先生を選んで治療を受けて頂きたいと思っています。
非常勤の先生も若干名いらっしゃるのですが、「どうしてもこの先生に来てもらいたい!」と思ったその道のプロフェッショナルの先生しか非常勤採用はしておらず、基本は常勤のみ採用しています。
このように優秀な先生を揃えられているのも、もう1つの強みだと思っています。

「健康だからこそ、美しい」のキャッチコピーについてもお聞かせ願えますか。

外からの治療は、ある程度の症状をコントロールすることはできますが、もっと綺麗にしたいと思った場合に、治療を続けている間は良くても、少し中断すると元に戻ることがあります。
外だけでなく、健康な美しい皮膚が内側から生まれるようにしないといけないと思っていて、だからこそホルモン療法やサプリメント、漢方などがどうしても必要でした。
治療に取り入れてから16年程経ちますが、体内と皮膚は繋がっているので、内外の治療を同時にやると結果が出るのが早いですし、効果が大きく変わることを実感しています。

どのような先生が貴院にマッチするとお考えですか。

自分の治療のやり方を軸にして考える先生はよくいるのですが、それより患者様を主体にして柔軟に考えられる先生が合っていると思います。
例えば、このクリニックで学びたいというのは自分主体であって、患者様主体ではないですよね。
誰だってスキルアップをしたいのはわかりますし、全力で応援はするのですが、あくまでトキコクリニックの患者様にきちんとした対応ができるか、責任を持って頂けるかを見て、先生を選んで、ブランドイメージを維持しています。
もし別の科目を経験している先生であれば、全く別のものとして美容を始めてもらうのではなく、今までご経験されたものの延長線上で美容医療に携わることができるように、クリニックとしても協力したいです。幅広い治療を行っているので、何科であっても経験が無駄になることはないと思います。
トキコクリニックのブランドは大事にしてもらいますが、その範疇であれば先生がやりたいように自由にさせていますし、その先生の考え方の尊重をしたいと思っています。
私を指名してくれる患者様以外はできるだけ診ないようにしているので、多くの先生に色々な経験をしてもらえる環境だと思います。

子育てと仕事の両立は大変でしょうか。

現在働いている先生は、全員お子様がいらっしゃいます。勤務開始されてから産まれた先生もいますし、既にいらっしゃる状態で採用した先生もいます。
私も子供を2人産んだのですが、仕事がとても好きでしたので、産んですぐ仕事に復帰して、ベビーシッターや家事代行の方に手伝ってもらいながら働いていました。
子育ての環境にはそれぞれの事情があると思っていて、ご家族も忙しくてご自身でお子様を見なくてはいけない環境の先生もいるし、ベビーシッターにお願いすることが嫌だという先生もいると思います。
なので、こういう条件でないと採用しないというわけではなく、その先生の働きやすい状況をその都度考えて提案しています。子供を育てながら仕事をすることは、自分もそういう状況を経験したので応援したいです。
ただそうは言っても、あくまで仕事を本気で一生懸命やりたい先生の応援であって、片手間で考えている先生にはこのクリニックは合わないと思っています。
自分の患者様に対して責任がとれる状況をつくることは大事だと思っていますが、先生それぞれのスタイルで勤務していますね。

これから美容医療業界を目指す方に向けてアドバイスをお願いします。

入職してすぐに施術を行ったり、怖い思いをするのではないかと思う先生もいるかもしれませんが、トキコクリニックでは、来てくれる患者様のためにも十分にできるようになった状態で現場に出しています。
研修体制がしっかりしているところで教えてもらおうという受け身でなく、自分で勉強する時間や姿勢も必要ですし、実直に習得したい強い気持ちをもって臨めば、早くスキルも身について、現場へのデビューも早くなると思います。
もちろん何もわからない状態であれば、制度の整っている大手のクリニックでトレーニングを積むのは大事ですし、同じことの反復練習も重要です。
一方で、奥深く、細やかで職人的な技を学びたいのであれば、個人でされているクリニックに行くべきだと思いますし、どういう医師に今後なりたいかで選ぶといいのではと思います。

Profile

院長

小村 十樹子 院長

経歴
1992年
神戸大学医学部 卒業
1992年
神戸大学病院皮膚科
1993年
高槻病院皮膚科
1995年
淀川キリスト教病院皮膚科
1996年
トキコクリニック 開業

Clinic Information

「健康だからこそ美しい」をキャッチコピーに、ひとりひとりに寄り添う治療をしている美容皮膚科のクリニックです。
安全で自然な美しさを引き出したい人のために、あらゆる治療を提案しています。

Vol.01
一番の商品は”ドクターの技術力”と考え、
常にハイレベルなクリニックであり続ける

THE CLINIC 山川 雅之 総院長
Vol.02
世界一多くの[ありがとう]をもらい
世界一多くの[ありがとう]を贈るグループに!

メディアージュ 富島 隆裕 理事長・代表
Vol.03
10万件以上の症例実績
美しさを追求する美容整形外科

城本クリニック 森上 和樹 総院長
Vol.04
高品質美容医療をかかげ「美容外科・美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」の
総合美容クリニックとして飛躍し続ける

聖心美容クリニック 鎌倉 達郎 統括院長
Vol.05
男性美容クリニックのリーディングカンパニーとしてプライドを持ち
最良最適なサービスを提供する

ゴリラクリニック 稲見 文彦 総院長
Vol.06
美しさを追求し妥協を許さない美容業界のプロ集団。
医師研修体制に絶対の自信を持ち世界の美容をマーケットに!

SBC湘南美容外科クリニック 相川 佳之 統括院長
Vol.07
最先端の医療機器、各種レーザー治療で
最適な治療を行う美容業界のパイオニア

スキンクリニック 石井 良典 総院長
Vol.08
「夢を持って働けるクリニックを目指して」
スタッフ一人ひとりが輝ける環境で急成長中!

東京中央美容外科 青木剛志 総括院長
Vol.09
一緒に“燃えられる”ような、同じ志を持った仲間と
一緒に事業を拡げていきたい。

モッズクリニック 長野 寛史 院長
Vol.10
皮膚疾患で悩むすべての患者様を笑顔にしたい。
郊外で展開する皮膚科・美容皮膚科クリニック

はなふさ皮膚科 花房 火月 理事長
Vol.11
TMS治療で新しい世界を。
自由診療に新たな可能性を見出したクリニック

ブレインクリニック 川口 佑 院長
Vol.12
結婚・出産後も医師が輝けるクリニックを目指して。
女性院長が考える新しい美容皮膚科の働き方とは。

くみこクリニック 向田 公美子 総院長
Vol.13
研修制度と働きやすさが安定の秘訣
男性器専門美容のパイオニア

東京上野クリニック 上伸会 理事長 河村 悦宏
Vol.14
幹細胞治療症例数1,000を突破する変形性膝関節症専門クリニック
ひざ関節症クリニック 大鶴 任彦 大宮院院長
Vol.15
『治療後も責任をもって長いサポートも行っていきたい』
お肌のホームドクターを目指して。

大西皮フ科形成外科医院 大西 勝 院長
Vol.16
50歳で美容へ転科
アンチエイジング治療に特化した美容クリニック

グランジョイクリニック 道上 育子 院長
Vol.17
美容医療を通じて人生をドラマチックに変え
おもてなしの心で感動の美容医療を提供する。

ラクル美容外科 山本 厚志 理事長
Vol.18
美容医療業界のZARAを目指して。
いまの時代に合った独自の手法で質の高い医療をリーズナブルな価格で実現するクリニック

LULA美容クリニック 武内 大 院長
Vol.19
自身のコンプレックスをやりがいに変える。
患者様ファーストのチーム医療を実現。

ハニークリニック 木村 文彦 院長
Vol.20
女性の悩みにトータルサポート。
婦人科×美容 かかりつけ医を目指して。

天神駅前婦人科クリニック 橋田 修 院長
Vol.21
着実にスキルを身に着け、満を持して開業。
皮膚科専門医取得後に美容医療へ進んだ今、想うこと。

ゆみ美容皮膚科クリニック 中山 由美 院長
Vol.22
細かい工夫を施し、顧客満足度を上げる。
まっとうな医療を提供するクリニック。

ながしまクリニック 長島 秀幸
Vol.23
保険・自費診療、どちらも全力で取り組む。
地域に愛され、頼られるクリニック。

千春皮フ科クリニック 渡邊 千春
Vol.24
女性の楽園をつくる
楽しく無理なく働ける美容皮膚科クリニック

エルムクリニック京都院 松本 友梨
Vol.25
『楽しく、美しく』をテーマに。
過度な手術よりも「自然なキレイさ」を追求する美容医療。

芦屋美容クリニック 小西和人
Vol.26
女性医師が築く美容業界でのキャリアとは。
圧倒的な存在感と人気の秘密に迫る。

麗ビューティー皮フ科クリニック 居原田 麗
Vol.27
医療用HIFUの施術数が日本一!
「自分が受けたい治療」を提供することがモットーのクリニック

CHRISTINA CLINIC GINZA 松島 桃子
Vol.28
「街のかかりつけ医」として一般皮膚科から美容皮膚科まで
幅広く診療を行っているクリニック

サマンサクリニック 貞政 裕子
NEW Vol.29
単に肌を治すのではない。
患者様をハッピーにするためにあらゆる治療を提供する。

トキコクリニック 小村 十樹子
NEW Vol.30
「1番綺麗なあなた!」を目指し、丁寧なカウンセリングと確かな技術で、
プチ整形から本格的な美容外科手術まで幅広く行うクリニック。

MIYAフェイスクリニック 宮里 裕

『登録1分』無料サポートサービスに登録する

ページトップ