『治療後も責任をもって長いサポートを行っていきたい』お肌のホームドクターを目指して。
『治療後も責任をもって長いサポートを行っていきたい』お肌のホームドクターを目指して。

Introduce

大西皮フ科形成外科医院

地元滋賀県で開業し、京都に分院展開する大西皮フ科形成外科。
「地域に根付いたクリニック」を目指して、患者様と向き合ってきた大西院長は医師への教育にも力を入れており、自ら指導にも当たっています。

開業経緯と開院からこれまでについて教えてください。

形成外科医として少し自信がついてきた頃、京大形成外科医局の大先輩である著名な冨士森先生の元で勉強させて頂きたいと強く思うようになり、医局にその旨を申し出ました。冨士盛先生の元で勤務させて頂き3年程経った頃、母が病気をしたこともあり、転勤の多い大学病院の医局に居続けることよりも地元の滋賀で開業することを選びました。
ただ、その当時は形成外科と言っても「骨折を診てくれる整形外科ですか?」と間違えられるような時代でしたし、美容についても今のように脱毛レーザーやピーリングなんてありませんでした。
もともと将来開業するのであれば皮膚科を学ばないと形成外科だけでは難しいと思っていたのでそれまで在籍した病院では皮膚科の外来を勉強させてもらったり、アルバイトで皮膚科を経験したりし開業の準備をしていました。
石山院を開業当初は保険の形成外科、皮膚科を中心に診療していました。その中でも腋臭症の手術は需要がありました。一般の皮膚科のドクターはあまりご存じないかもしれませんが、脇のことで悩んでいる患者様は意外に多いのです。
当時、脇の手術をするクリニックが少ない中で、保険でしっかりとした手術をしてもらえるということを評価いただき、腋臭症だけで年間約200~300例の手術をしていました。
開院して15年ほど経った頃、わきが・多汗症治療のミラドライと出会いました。
手術をせずにわきが・多汗症の治療が行えるミラドライは画期的な治療でした。そのミラドライを導入した京都院を開業したのも同じ頃です。
以前から石山院には京都から来られる患者様が沢山おられ、そんな患者様からは京都院も出して欲しいというようなお話も頂いていて京都院を出したことで患者様に喜んで頂けました。

それぞれの院で患者様層の違いなどはありますか。

大津石山院のある滋賀県は、関西では珍しく2015年くらいまで人口が増えていた県なので若い世帯の方が多いという特徴があります。最近は減少傾向に転じていますが、減少率で見てもまだまだ緩やかで、比較的活気のある県だと思います。
それに伴って出生率もよく、当院ではいち早くレーザー治療を取り入れたこともあり、赤ちゃんのあざ治療で訪れる方も多いです。また保険診療をやっているため様々な世代の方がいらっしゃいます。
京都院は女性の患者様が中心で特に10代~30代の方が多く、しみ、シワ、たるみなど、お肌のお悩みを持った方が多いです。

クリニックの強みを教えてください。

私が元々形成外科出身で更に皮膚科を経験したということもあり、皮膚外科について最高の治療を行っている自信があります。また、両方の科目を経験したことで治療の幅が広くなっていることも強みだと思っています。
開業してから20年以上、患者様一人ひとりに合った治療の提案をし続けてきて、高い支持を頂けていることも自信になっていますし、強みだと思っています。

在籍ドクターについての想いを教えてください。

現在は常勤の先生2名と、非常勤の先生が8名います。
今は色々な働き方があるので楽をして稼ごうと思えばいくらでも務め先はあると思いますが、当院ではもっと知識を深めたい・技術を高めたいという先生を歓迎しており、そういった先生方をサポートできる環境にしています。
特に皮膚科で将来開業を考えている方、美容も学んでおきたい、できる手技を増やしておきたいという方にはとても合っているのではないかと思います。
石山院は2~3診体制にしているので他の先生方とも相談できる環境です。
非常勤の先生方にもできるだけ新しいことをお伝えして、常に最新の治療が行えるように努力しています。
外来診療では時間の許す限り、手術や処置に立ち会って頂き、医者としてのドキドキ感、ワクワク感を得られるようにしています。

クリニック経営をする上で気を付けていることはありますか。

クリニックの雰囲気を大切にしています。
クリニックに入った瞬間の空気感があると思いますが、なんかここのクリニックはスタッフの仲が悪そうだなとか、そういったことは患者様に伝わると思っています。
当院では、ドクターも看護師も明るくて、人柄が良く、クリニックの雰囲気に合うかを重視して採用しています。全国のクリニックを回っている業者さんにも、当院の雰囲気の良さは全国でもトップクラスに入ると言って頂いたこともあり嬉しかったですね。

また、スタッフの皆が当院で働くことに誇りを持てるようにしたいと心がけています。
「どこに勤めているの?」と聞かれた時に自身をもって言えるようなクリニックでなければならないと思います。
その上で、給与面や福利厚生についても他に見劣りがするようでは働くスタッフが誇りを持てないと思います。例えば、福利厚生として毎年のスタッフの勤続記念日のお祝いや誕生日、習い事手当の支給など、ちょっとしたことですがアイデアを出して色々実施していますし、他業種を見習って良いものは積極的に取り入れることもしています。
年に1度、秋は海外に社員旅行に行くのが恒例となっていますが、行き先はその年の業績によって決まりますので、スタッフ皆それを楽しみに仕事を頑張っています。

とても穏やかな印象をお持ちの大西先生ですが、普段のエピソードを教えてください。

私は普段からこんな感じですね(笑)
スタッフの皆と診療が終わってから食事に行くこともありますし、先日はスタッフとスポーツバーでラグビー観戦もしましたよ。本当に普段から皆と気さくに話をしていますね。
京都と滋賀を行き来して忙しい日でも、ちょっとした空き時間にカフェでぼーっと過ごしてほっとする時間も大切にしています。
休みの日にはゴルフに行くこともあるんですが、雨の日だと家にじっとしていられなくてついついクリニックに来てしまいますね。ワーカホリック気味ですね(笑)

今後の展望を教えてください。

患者様が増え今の京都院では狭くなってきたので、令和2年春にもう1フロア拡張します。
色々な条件が揃えばもう1院増やしたいなと思う反面、院が増えればマネジメントも大変になりますのでどうしても慎重になります。今まで一人ひとりの患者様としっかり向き合ってきたからこそ信頼を得て23年やってきましたので、今後もその想いは変わらずにやっていきたいと考えています。

最後に転職を考える先生にアドバイスをお願いします。

まだ経験の浅いドクターもそこそこ経験を積んで自信のあるドクターも、一度当院の診療を見て頂きたいです。当院では最新の知識や技術、経験に基づいた独自の手技などを、患者様の治療のために幅広く取り入れてきました。これまで治らないと思っておられたような疾患も様々な治療法でアプローチが出来る環境です。

勤務される上でいろんな条件があると思いますが、自分が何を大切にしているかをしっかりと考えてクリニックを選ぶことをお勧めします。
選ぶ際に勤務地も重視されると思いますが、当院は滋賀と言っても電車で京都から15分、大阪から45分でお越しいただけるので、学びたい意欲のある先生にはおすすめだと思います。

Profile

大西 勝 院長

大西 勝 院長

経歴
栗東市(町)立治田小学校
栗東市(町)立栗東中学校
滋賀県立膳所高等学校 を経て
平成2年
国立香川医科大学 医学部 卒業
平成2年
京都大学医学部形成外科 入局
平成2年~平成3年
京都大学医学部附属病院形成外科
平成3年~平成5年
大阪赤十字病院形成外科
平成5年~平成6年
社会保険広島市民病院
平成6年
角谷整形外科病院
平成6年~平成9年
冨士森形成外科医院
平成9年
大西皮フ科形成外科医院 滋賀大津石山院 開業
平成24年
大西皮フ科形成外科医院 京都四条烏丸院 開院
所属学会
日本形成外科学会
日本皮膚科学会
日本美容外科学会
日本臨床皮膚外科学会
日本臨床抗老化医学会
日本臨床皮膚科医会
日本美容皮膚科学会
日本抗加齢美容医療学会
日本形成外科学会認定医取得
日本臨床皮膚外科学会認定医取得
日本臨床抗老化医学会認定医取得
その他
ミラドライ公式認定医
ボトックス認定医
ヒアルロン酸ジュビダーム施術資格者
サーマクール認定医
3dO(VHO)ライセンス取得

Clinic Information

20年以上にわたり地元で愛されるクリニック。
患者様のニーズに合わせ、アトピー性皮膚炎やニキビなどの一般皮膚科にとどまらず、形成外科、美容外科、美容皮膚科、薄毛治療、アレルギー治療など幅広く治療してきた実績があります。
とても温和な院長を筆頭に居心地の良い雰囲気のクリニックです。

※分院求人・非常勤求人についてもお気軽にお問い合わせください。

Vol.01
一番の商品は”ドクターの技術力”と考え、
常にハイレベルなクリニックであり続ける

THE CLINIC 山川 雅之 総院長
Vol.02
世界一多くの[ありがとう]をもらい
世界一多くの[ありがとう]を贈るグループに!

メディアージュ 富島 隆裕 理事長・代表
Vol.03
10万件以上の症例実績
美しさを追求する美容整形外科

城本クリニック 森上 和樹 総院長
Vol.04
高品質美容医療をかかげ「美容外科・美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」の
総合美容クリニックとして飛躍し続ける

聖心美容クリニック 鎌倉 達郎 統括院長
Vol.05
男性美容クリニックのリーディングカンパニーとしてプライドを持ち
最良最適なサービスを提供する

ゴリラクリニック 稲見 文彦 総院長
Vol.06
美しさを追求し妥協を許さない美容業界のプロ集団。
医師研修体制に絶対の自信を持ち世界の美容をマーケットに!

SBC湘南美容外科クリニック 相川 佳之 統括院長
Vol.07
最先端の医療機器、各種レーザー治療で
最適な治療を行う美容業界のパイオニア

スキンクリニック 石井 良典 総院長
Vol.08
「夢を持って働けるクリニックを目指して」
スタッフ一人ひとりが輝ける環境で急成長中!

東京中央美容外科 青木剛志 総括院長
Vol.09
一緒に“燃えられる”ような、同じ志を持った仲間と
一緒に事業を拡げていきたい。

モッズクリニック 長野 寛史 院長
Vol.10
皮膚疾患で悩むすべての患者様を笑顔にしたい。
郊外で展開する皮膚科・美容皮膚科クリニック

はなふさ皮膚科 花房 火月 理事長
Vol.11
TMS治療で新しい世界を。
自由診療に新たな可能性を見出したクリニック

ブレインクリニック 川口 佑 院長
Vol.12
結婚・出産後も医師が輝けるクリニックを目指して。
女性院長が考える新しい美容皮膚科の働き方とは。

くみこクリニック 向田 公美子 総院長
Vol.13
研修制度と働きやすさが安定の秘訣
男性器専門美容のパイオニア

東京上野クリニック 上伸会 理事長 河村 悦宏
Vol.14
幹細胞治療症例数1,000を突破する変形性膝関節症専門クリニック
ひざ関節症クリニック 大鶴 任彦 大宮院院長
Vol.15
『治療後も責任をもって長いサポートも行っていきたい』
お肌のホームドクターを目指して。

大西皮フ科形成外科医院 大西 勝 院長
Vol.16
50歳で美容へ転科
アンチエイジング治療に特化した美容クリニック

グランジョイクリニック 道上 育子 院長
Vol.17
美容医療を通じて人生をドラマチックに変え
おもてなしの心で感動の美容医療を提供する。

ラクル美容外科 山本 厚志 理事長
Vol.18
美容医療業界のZARAを目指して。
いまの時代に合った独自の手法で質の高い医療をリーズナブルな価格で実現するクリニック

LULA美容クリニック 武内 大 院長
Vol.19
自身のコンプレックスをやりがいに変える。
患者様ファーストのチーム医療を実現。

ハニークリニック 木村 文彦 院長
Vol.20
女性の悩みにトータルサポート。
婦人科×美容 かかりつけ医を目指して。

天神駅前婦人科クリニック 橋田 修 院長
Vol.21
着実にスキルを身に着け、満を持して開業。
皮膚科専門医取得後に美容医療へ進んだ今、想うこと。

ゆみ美容皮膚科クリニック 中山 由美 院長
Vol.22
細かい工夫を施し、顧客満足度を上げる。
まっとうな医療を提供するクリニック。

ながしまクリニック 長島 秀幸
Vol.23
保険・自費診療、どちらも全力で取り組む。
地域に愛され、頼られるクリニック。

千春皮フ科クリニック 渡邊 千春
Vol.24
女性の楽園をつくる
楽しく無理なく働ける美容皮膚科クリニック

エルムクリニック京都院 松本 友梨
Vol.25
『楽しく、美しく』をテーマに。
過度な手術よりも「自然なキレイさ」を追求する美容医療。

芦屋美容クリニック 小西和人
Vol.26
女性医師が築く美容業界でのキャリアとは。
圧倒的な存在感と人気の秘密に迫る。

麗ビューティー皮フ科クリニック 居原田 麗
Vol.27
医療用HIFUの施術数が日本一!
「自分が受けたい治療」を提供することがモットーのクリニック

CHRISTINA CLINIC GINZA 松島 桃子
Vol.28
「街のかかりつけ医」として一般皮膚科から美容皮膚科まで
幅広く診療を行っているクリニック

サマンサクリニック 貞政 裕子
NEW Vol.29
単に肌を治すのではない。
患者様をハッピーにするためにあらゆる治療を提供する。

トキコクリニック 小村 十樹子
NEW Vol.30
「1番綺麗なあなた!」を目指し、丁寧なカウンセリングと確かな技術で、
プチ整形から本格的な美容外科手術まで幅広く行うクリニック。

MIYAフェイスクリニック 宮里 裕

『登録1分』無料サポートサービスに登録する

ページトップ